山勝電子が大化けか? 山勝電子 金究武正社長
経営者のホンネを綴る ■HOME ■問い合わせ ■サイトマップ
大西リポート 「大西リポート」は新潟県内の経営者の生き様を大西勇がホンネで紹介したドキュメントです。
 
「大西リポート第四巻」記事の一覧に戻る

※記事中の会社名・団体名・所属・役職等は取材当時のものです。
平成17年3月1日号
大西リポート158
 

新潟日報の社長の素顔


 
新潟日報社 星野元社長(63歳)

茫洋

 「ええっ?あの星野さんが・・・」
二年前、新潟日報社の新社長に星野元氏が就任したニュースを聞いた時、思わず我が目、我が耳を疑った。
筆者が若かりし頃、新潟経済記者クラブで星野氏と一緒に仕事をしたことがある。酒も飲んだ。野球もやった。金がなくて女遊びはできなかったが。だから、人となりはよくわかる。
何となく茫洋とした性格。話し方はトツトツ調。目立ったところはまったくなく、将来、社長になるような辣腕家とはとてもみえなかった。
その星野氏が並みいる先輩、同僚を尻目に新潟日報のトップに躍り出たのだから、正直びっくりした。
新潟日報といえば、世帯普及率が六十二%もあり、新潟県では天下の朝日新聞や読売新聞が束になってもかなわない新聞社だ。
そんな会社のトップの座り心地はいったいどんなものなのか?つらいのか、おもしろいのか。
旧知に対する懐かしさもあって、二月下旬、新潟市黒埼の新潟日報社を尋ね、星野社長に会った。
四階にある社長応接室は豪華で広い。裕に十二人は座れる。
待つこと一二分。「これはこれは久し振り」といって星野社長が総務局長の竹内希六氏を連れて入いってきた。
「あの人は引退した。この人はまだ元気だ」としばし昔話に花が咲いたあと、筆者から、取材する側とされる側とではどちらがいいか?ホントのところを聞いてみた。
「もちろん、する側です。気が楽で、誰とでも会える。そして楽しい」

大投資

 新聞社の顔は編集部門、つまり記事である。
だから社長になれば記事に最大の関心を持つ、と読者は思うようだが、現実は全く違う。
新聞社の社長が集まると出る話題が、常に販売部数であり、広告である。決して記事ではない。
「私だって同じですよ。何しろ昨年末に完成した印刷センターは我が社始まって以来の大投資だったんですからね」
年商二〇〇億円の会社が何と約一四〇億円もの設備投資をやった。これを大投資といわずして何といおう。一四〇億円の半分は借金だ。この借金を六年半で返済する計両である。返済が始まった。七十億円がズッシリ肩にきている。
「何でそこまで?」
「新聞を印刷する輪転機が古くなりましてね。
時々故障も起きるものですから、思いきって四台とも新品に取り替えました。機械が大きいので建物も新築しました」
テレビやインターネットが幅を利かすようになった今、新聞の影が薄くなっている。
「イヤ、私はネ。新聞社があらゆる情報産業の中核だと思っているんです。昔も今も。そしてこれからも」
一四〇億円も投じたのは「中核的存在である」
との信念が大前提にある。「テレビやインターネットに負けてたまるか」という熱い思いがこもっている。

三五十万で社長の座?

 星野氏は子供の頃から新聞記者になりたいと思っていた。そこで大学は記者の養成学校といわれた早大政経学部を受験したが、これが失敗して、止むなく早大教育学部へ入学した。卒業したあとは毎日新聞社の記者になりたいと思ったが、これも受験に失敗。仕方なく郷里に帰って新潟日報に入社したというエピソードがある。
長い記者時代を経て社長になったら今、ふたつの変化が起きた。
ひとつは通勤の足がマイカーからお抱え運転手付きの黒塗り高級車「クラウン」に変わったこと。安全のためという。
ふたつ目は新潟日報の株式を持たされたこと。
その数、七万株。発行済み株数の0.02%にあたる。
新潟日報は非上場なので時価ではなく、額面で買った。額面は五十円だから、僅か三五〇万円払っただけ。
「ええっ、たった三五〇万円で日報の社長になれるのか」
「だったら四〇〇万円出すから、社長の座を譲って欲しい」と思わず叫びそうになった。
新潟市寺尾の自宅には夫人と次男(三十二歳)の三人で住む。酒は好きだ。自宅では一合半だが、外で飲むなら三合は軽い。時には二日酔い
もある。仕方なかろう。六十三歳だ。

このページのトップへ戻る


 以上、大西リポート第四巻より抜粋。大西リポートの最新号「大西リポート第五巻(1,000円)」はコチラのページで絶賛発売中です!
他の記事を読む

大西リポート第四巻 収録記事
 平成17年
131
またしても天下り 大光銀行 中島富雄頭取
132
新潟よ、さようなら 新発田市役所 宮坂啓象収入役
133
こらっ、バカ、アホ タナベ塗工所 田辺直社長
134
これが見捨てておかりょうか! 倉敷機械 打越雄次社長
135
男以上に男らしい女 伊藤商店 伊藤太美子常務
136
不況よ、ありがとう 大谷 大谷勝彦社長
137
任期がたった2年とは・・・ 北越メタル 繻エ頼幸社長
138
あと25年、教授をやるぞ 長岡技術科学大学 斉藤秀俊教授
139
100歳まで社長をやるぞ 古寺製作所 古寺一男社長

平成16年
140
創業36年、やっと日がさした トッキ 津上健一社長など3人
141
金もいらなきゃ女もいらぬ 柏都電機工業 小林良三社長など3人
142
石橋を叩いても渡らぬ男 新潟商工会議所 上原明会頭
143
反対派住民を説得する男 環境技研 田村雄作社長
144
中国が経営ピンチを救う サイカワ 西川正男社長
145
タイ進出は成功か失敗か 田辺工業 四月朔日義雄社長
146
我こそは世界最先端なり アイオムテクノロジー 岩谷昭一社長
147
あぁ!1勝14敗 丸栄機械製作所 岡部福松社長
148
私は渥美清の弟です 新潟県信用保証協会 永井亮一専務理事
149
三條機械の新社長はどんな人? 三條機械製作所 池田英夫社長
150
えっ?性格?愚直です 長岡技術科学大学 川崎篤理事・副学長
151
しょぼしょぼするな!俺を見ろ! グローバル・サティフィケーション・ジャパン 有田良博社長
152
ゴルフしなくても頭取に 第四銀行 小島国人頭取
153
命なんか二の次三の次 アクアデザインアマノ 天野尚社長
154
赤字会社を黒字にした男 北越工業 栗田信一社長

平成15年
155
派遣社員にまで賞与を支給 東洋理化学研究所 本合邦彦社長
156
古女房を新妻にする男 ニッコー 酒井文夫社長
157
平成の赤ヒゲ先生? 林建築設計事務所 林正夫所長
158
新潟日報の社長の素顔 新潟日報社 星野元社長


このページのトップへ戻る


大西リポートOnline トップページへ

−掲載記事の見出し抜粋
不況の今、何をするか
有沢製作所 有沢三治社長
温情主義よ、いざさらば
東陽理化学研究所 島倉武社長
原発アレルギーに立ち向かう男
新潟大学 橋本哲夫名誉教授
新潟一の借金王(?)は第四銀行
第四銀行 小原雅之頭取
おや?ここにも日本一が
ウエカツ工業 小林清作社長
左遷が人生の転機に
新潟総合テレビ 大橋武紀社長
※大西リポートはココでしか買えません。購入はコチラより

定期購入申込み

不定期連載!大西の日々想うことを綴ったメールマガジン

記者、大西勇とは・・・

掲載記事の見出し抜粋
一流と二流の違いは何か?
佐藤食品工業 佐藤 功社長
新聞とテレビを制した男
上越ケーブルビジョン 大島精次社長
逃げないぞ!絶対に
明道メタル 梁取新一社長
累積を一掃して社長退任
倉敷機械 打越雄次社長
全国No1ウソか?ホントか?
ダイニチ工業 吉井久夫社長
豚と鶏飼って年商63億円
ナカショク 本間春夫社長
一覧

大西レポート第四巻購入はコチラ
平成17年4月発行
またしても天下り
これが見捨てておかりょうか!
石橋を叩いても渡らぬ男
三條機械の新社長はどんな人?
ゴルフしなくても頭取に
新潟日報の社長の素顔

大西レポート第三巻購入はコチラ
平成15年4月発行
山勝電子が大化けか?
オーナー社長が突如、辞任
勝ち組に入るには?
退会続出に立ち向かう新リーダー
日本精機を変える男
ナンバーワンからオンリーワンへ

大西レポート第二巻
平成13年2月発行
北越銀行を相手にせず
社長の座を追われて今?
どうした!新潟鉄工
男の美学、今いずこ
北陸ガスはなぜ不人気なのか
これは事件ですよ!
一ヶ月1万5千円で生活する男
経営の極意みつけたり

大西レポート第一巻
平成10年2月発行
第四銀行のタブーを破った男
考え方の悪い幹部はクビ!
大借金、赤字、無気力社員
地獄から這い上がる男
男50、60は鼻たれ小僧
ここ一番の大勝負
(C) 2003 Oonishi REPORT. All rights reserved.